キャッシング無利息は借り入れ期間によりキャッシングをしても無利息でキャッシングできるキャッシングの情報を公開します。キャッシングに関してのニュース記事と他のブログ記事も毎日更新紹介します。
無利息のキャッシングはある一定期間中の借り入れに関しては利息がつかない無利息にて貸し出しを行うキャッシング方法です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

インチキ不動産鑑定に捜査のメス

株式資産倍増術リスクゼロへ舵を切れ!
 サブプライム地獄は、節操のない金融業界と、節操のない消費者がつくり上げた、いかにもアメリカらしい経済破綻。モラルが問われるべきは、何も投資する側、貸す側だけではない。金もないのに大金を借りる方も悪いというのは、確かに一理ある。
 しかし、不動産鑑定で大ボラを吹き、物件価値を実際より高く評価するのは、モラルの範疇(はんちゅう)を出ている。それによってローンの額が上がり、貸す側は契約手数料でせこく儲け、借りた方はローンが払えず個人破産に追い込まれる。結果的にみんな一緒にサブプライム地獄。社会的迷惑犯罪だ。
 ともあれ、こうなるともうめちゃくちゃで、さすがにニューヨーク州では検事総長が乗り出してきた。


 アンドリュー・クオモ同州検事総長によると、不動産鑑定会社ファースト・アメリカン・コープと、その提携銀行ワシントン・ミューチュアル(通称ワム=WAMU)が、合意の上で鑑定価格を引き上げ、実際の価値以上の価格で買い手にローン契約させていたというのだから、呆れて二の句がつげない。地元紙によると、最も顕著な例では、実際の価値が155万ドルの物件を227万ドルと、46%も上乗せ鑑定していたという。
 とにかくこんな状態だから、不動産市場は警戒警報鳴りっぱなし。あるアメリカ人夫婦は、今住んでいるブルックリンのロフトの家賃が急騰するため、マイホーム購入を計画しているが、かなりナーバスになっている。「この銀行はやばいんじゃないのか?」と、いくら被害にあった経験者とはいえ、私に聞かれたって困る...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


株式資産倍増術リスクゼロへ舵を切れ!


◆サブプライム関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆サブプライム関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年11月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。