キャッシング無利息は借り入れ期間によりキャッシングをしても無利息でキャッシングできるキャッシングの情報を公開します。キャッシングに関してのニュース記事と他のブログ記事も毎日更新紹介します。
無利息のキャッシングはある一定期間中の借り入れに関しては利息がつかない無利息にて貸し出しを行うキャッシング方法です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「香港物語」第二幕の幕開け、じっくりいこう

金融イノベーター群像
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071016-00000011-scn-cn
香港・中国株、再びじわじわ 第45回-大原平(エース証券ファイナンシャルサービス部・サーチナ総合研究所客員研究員)

 華々しい幕開けとなった。

 米サブプライムローン問題は本当に影響軽微の見方でいいのか。米景気が着実に来年初にかけ鈍化する傾向にあるなか、メディアの一部では「米ドル急落説」まで特集しているとのこと。世の中はまだ株式の「上昇相場」を素直に受け止めていない状況にある一方で、「香港市場」は連日の高値更新劇場を演じている。

 香港市場のなかに、たまたま中国企業が公開されていて株価が上昇している。米の利下げにより香港も利下げに動きやすく、したがって地場の不動産、銀行関連企業の収益がさらに好転化する可能性があり、実は「香港企業」の方が今後の株価上昇余地を見にいくのかもしれない。



 中国への返還の「第一幕」と違い、今回の第二幕での参加者はおそらく空前の規模で演じられてこよう。チャイナマネーだけではなさそうだ。これまで人民元の先高期待で上海市場へ流入していた海外資金の一部でさえも、今度は資産効果によって醸成された中国国内資金マグマの海外流出期待感から香港市場へ殺到し始めている。

 では、バブルの始まりか。答えを見つけるのは難しいと思う。人民元の先高観はしばらくの間途絶えることはないだろう(少なくとも胡錦涛体制2期目の間の5年間は存続すると思う)。また中国国内の生産活動に直結しない余剰資金もそんなに簡単には解消できないと見ている...

ニュースの続きを読む


外貨崩落


◆サブプライム関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆サブプライム関連の無料のレポート情報
超効率SEO対策!キャッシングサイト編

サイトアフィリで稼ぐにはSEO対策が不可欠ですね。


面倒だけど避けて通れないSEO対策。
そんな面倒なSEO対策を私がサポートします。


あなたがサイトアフィリで稼ぐ為に必要な
SEO対策が超効率的にできます。…

被リンクが大増加するディレクトリ型検索エンジンリスト3000

ディレクトリ型の検索エンジンリストで、特に「相互リンク募集」にフォーカスして収集してあります。

■ブログやアフィリエイトサイトで【相互リンク先】を探す手間が省けます。

ページランク順に並べてありますので有効にお使い下さい。(上位…




スポンサーサイト

2007年10月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。