キャッシング無利息は借り入れ期間によりキャッシングをしても無利息でキャッシングできるキャッシングの情報を公開します。キャッシングに関してのニュース記事と他のブログ記事も毎日更新紹介します。
無利息のキャッシングはある一定期間中の借り入れに関しては利息がつかない無利息にて貸し出しを行うキャッシング方法です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ロイターサミット:年率30%強で受託資産拡大=SG信託銀

Financial Econometrics: Problems, Models, and Methods
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071010-00000718-reu-bus_all
 [東京 10日 ロイター] 仏ソシエテ・ジェネラル<SOGN.PA>系のSG信託銀行(東京都港区)は、関西での営業拠点の開設や地銀との提携などを通じ、来年以降も受託資産残高を年率30%強のペースで拡大する。同行のアラン・シモン社長が10日、富裕層向け資産運用ビジネスを提供する金融機関幹部や専門家を集めた「ロイター・ウエルス・マネジメント・サミット」で語った。
 2002年6月に設立された同行の受託資産残高は9月末時点で6050億円。同社長によると、年末には6500億円に引き上げる見通しで、「来年以降もこれまでと同様に30%をやや上回るペースで拡大を続ける」という。


 <来年は関西拠点を開設、地銀と提携>
 富裕層マネーの獲得をめぐっては、国内外の銀行、信託銀行、証券会社が資産運用ビジネスを強化しており、競争が激化している。外資系金融機関としてはSG信託のほか、UBS<UBSN.VX>やHSBC<HsbA.L><0005.HK>などが積極的に富裕層向け業務を拡大する方針を明らかにしている。
 SG信託のシモン社長によると、同行は2008年には関西地区に営業拠点を開設するほか、他の地域でも営業拠点を開設する準備を進める。また、営業拠点の開設を予定している地域とは異なる地域にある地方銀行2行と、富裕層向け資産運用ビジネスの提携について協議しており、来年にも実現する見通しという。
 SG信託は地銀から富裕層顧客の紹介を受け、金融サービスを提供できる一方、地銀は富裕層を対象に金融サービスを提供するプライベートバンキング(PB)のノウハウを習得できる...

ニュースの続きを読む


The Theory of Corporate Finance


◆sb 金融関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆sb 金融関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

,,
スポンサーサイト

2007年10月11日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。