キャッシング無利息は借り入れ期間によりキャッシングをしても無利息でキャッシングできるキャッシングの情報を公開します。キャッシングに関してのニュース記事と他のブログ記事も毎日更新紹介します。
無利息のキャッシングはある一定期間中の借り入れに関しては利息がつかない無利息にて貸し出しを行うキャッシング方法です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

DJ-【米国債市場概況】指標悪化を背景に、短期債価格が上昇

便利な「百科事典マイペディア 電子辞書版」を収録「百科カード」セイコーインスツルDC-A015シ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070926-00000004-dwj-brf
ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)25日の米国債市場では、住宅市場の悪材料や消費者心理の悪化を詳しく示す指標が発表されたため、短期米国債価格が上昇した。この日発表された指標は、景気見通しの懸念を裏づけ、債券にとって好材料となった。しかし、時間がたつにつれて、朝方の上げ幅の一部が解消され、長期債は寄り付きの水準に戻った。長期債と短期債の利回り差は拡大し、利回り曲線はスティープ化した。朝方に全米不動産業協会が発表した8月の中古住宅販売は6カ月連続で減少し、前月比4.3%減の年率換算550万戸となった。2002年8月以降では最も低調な販売となった。

一方、全米産業審議会(コンファレンスボード)が発表した9月の消費者信頼感指数は、2年ぶりの低水準まで低下した。全体指数は、8月の105.6から99.8に落ち込んだ。今回の調査では、消費者の現在や将来に対する楽観的な見方の後退や、雇用懸念の高まりも示され、景況感の悪化が明らかになった。米連邦準備制度理事会(FRB)は、最近の住宅および金融部門の問題の悪影響の一部から、経済を守ることを目指しており、この日発表された統計はいずれも、米連邦準備制度理事会(FRB)が1週間前に0.5%の積極的な利下げを実施した理由を浮き彫りとした。ウィリアムズ・キャピタル・グループの債券取引ヘッド、デビッド・カード氏は、25日に発表された指標などからみて、「FRBの緩和が続くとの見方が強まっていることが、明らかに短期債に好影響を及ぼしている」と述べた...

ニュースの続きを読む


◎【送料無料】メール便北海道産にこだわりました!ぞっこんイカ&低糖甘納豆代引不可他商品同梱...


◆カード 金融関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆カード 金融関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

,,
スポンサーサイト

2007年09月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。