キャッシング無利息は借り入れ期間によりキャッシングをしても無利息でキャッシングできるキャッシングの情報を公開します。キャッシングに関してのニュース記事と他のブログ記事も毎日更新紹介します。
無利息のキャッシングはある一定期間中の借り入れに関しては利息がつかない無利息にて貸し出しを行うキャッシング方法です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

サブプライム問題の損失拡大なら信用収縮表面化も

ウォー・サーフ(上)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070810-00000321-reu-bus_all
 [東京 10日 ロイター] 米サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題が来週の最も大きなテーマに浮上している。
 サブプライム問題での損失がさらに新たな金融機関に広がることになれば、欧州中央銀行(ECB)の臨時の資金供給でいったん沈静化した信用収縮懸念が再び表面化し、株安/債券高に代表される質への逃避現象が鮮明になる可能性がある。
 そうなった場合、日銀の利上げ判断にも影響が出かねず、サブプライム関連のニュースに対する注目度は一段と高まりそうだ。
 <マクロ関係>
●サブプライム問題の動向を注視、日銀利上げ判断に影響も
 サブプライム問題に端を発した金融市場全体の動揺が拡大するのか、あるいは収束に向かうのかが注目点となりそうだ。

金融政策決定会合を22、23日に控えている日銀は、この問題が広がりを見せるようであれば海外での信用収縮懸念が企業活動を中心に実体経済に影響を及ぼしかねないとみており、利上げに慎重になる可能性が大きい。国内経済にさほど懸念要因はないと日銀はみているが、市場の混乱を含め、経済・物価への影響を慎重に見極める方針だ。
●4─6月期GDPは減速見通し、政府・日銀の景気判断への影響は限定的か
 13日に4─6月期国内総生産(GDP)が発表される。ロイターの事前調査では、予測中央値は前期比プラス0.2%、年率プラス0.9%となった。1─3月期の前期比プラス0.8%(年率プラス3.3%)から減速が見込まれるが、予想から大きく下振れしない限り、政府・日銀の景気判断への影響は限定的になるとみられている...

ニュースの続きを読む


Evaluation(26)


◆sb 金融関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆sb 金融関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

,,
スポンサーサイト

2007年08月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。