キャッシング無利息は借り入れ期間によりキャッシングをしても無利息でキャッシングできるキャッシングの情報を公開します。キャッシングに関してのニュース記事と他のブログ記事も毎日更新紹介します。
無利息のキャッシングはある一定期間中の借り入れに関しては利息がつかない無利息にて貸し出しを行うキャッシング方法です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

円高が急速に進行、ドル/円は昨年安値108.97円を意識

金融イノベーター群像
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070817-00000419-reu-bus_all
 [東京 17日 ロイター] 外為市場では、米サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題をきっかけに急速な円高が進んでおり、ドル/円は110円割れが視野に入った。市場参加者の予想を超えるスピードで円高が進行しているため、2006年5月の安値108.97円を下値メドととらえる見方も出ている。
 市場では、ポジション整理のあまりの激しさに水準感が通用しない相場になっている、との声も出ている。
 <ヘッジファンドが円キャリー取引を解消、ポジション縮小でも円高止まらず>
 最近の急速な円高進行の「主犯格」とされているのは、海外のヘッジファンドだ。

これまでヘッジファンドは低金利の円を調達し、高金利通貨建て資産で運用して金利差収入を狙う円キャリートレードを活発化させてきたが、米サブプライム問題の広がりで運用先である株価が世界的に大きく下落、キャリートレードを縮小する動きが相次いでいる。キャリートレードは金利差収入を狙う取引手法だけに「相場変動が大きくなると金利差収入を得るのが難しくなる」(都銀の外為関係者)といい、相場の変動そのものがキャリートレードの縮小を促がしている側面もある。
 実際、ファンド勢の円売りポジションは急速に縮小している。投機筋のポジション動向の参考値として知られるIMM通貨先物の取り組み状況によると、差し引きの円売りポジションは6月26日まで週に過去最高の18万枚を記録した後、8月7日の週までに3万枚とおよそ6分の1まで急速に減少...

ニュースの続きを読む


金融イノベーター群像


◆サブプライム関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆サブプライム関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年08月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。